アレルギーってなぜおこるの

アレルギーってなぜおこるの

フーフーです。
この時期ってアレルギーが発症している人多いです。
金属や日光っていうのもあります。
昔の人より抵抗力が落ちているんでしょうか?

 

 

この時期は多くなりやすいですね。
動物アレルギー、金属アレルギー確かにいろいろあります。
いくつかパターンがあるのですが、皮膚の浮腫が多くてなるケースのあるので、それを解説します。

 

まず、内臓脂肪より皮下脂肪が多い方注意がいります。
さらに血糖値も高くて、その浮腫が粘り気を持っている場合。
皮膚から外に汗や皮膚呼吸がしにくくなります。

そこに外からの刺激。
金属なら、その金属を通じて体から気が流れます。電気と同様に避雷針となるのですね。
人の体には気と血はセットで動いていますので、気が流れると一緒に血の流れ赤くなったり腫れたりします。動物の毛でもざわざわっと気が流れます。
これらは、外から気が巡る刺激です。冬の静電気みたいに出てしまえたら、腫れたりしにくいんですけど。


他のパターンだと、食べ物や呼吸などで体に取り入れてしまうと、血流がよくなります。
しかし皮下脂肪ででれないと腫れたり、でやすいところからでたりして腫れることあります。これも皮下脂肪が邪魔をしていないとさらっと出てしまうのですが、出れないときに腫れたりします。

対策は、体の熱を上げすぎない。さらに皮下脂肪を血行良くして全体的に溶けている状態を維持です。そして1カ所に血が集中しないようにマッサージや運動して、血の流れを分散してください。
そして皮下脂肪が粘滞性にならないように、甘いもののとりすぎに注してください。

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪

中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました