泌尿器系の結石について

泌尿器系の結石について

フーフーです。
尿管結石とか泌尿器系の結石ってどうしてなるんですか

 

 

 

これは中国医学で考えるとわかりやすいです。

まず尿が出るルートですが、腎臓に入った血液が尿ときれいな血にわけられます。次に膀胱に送られて尿となります。
この腎臓に送られる血に原因があります。

 

陽タイプ陰タイプに分けられます。
陽タイプというのは、熱が多い方で、高血圧や高コレステロールなどの症状が見られることもあります。
この熱のために、尿は黄色く濃くなります。水分が乾燥するためですが。この乾燥により結石が出来ます。

陰のタイプは、冷えとかが多いタイプですが、血糖値が高く尿が白濁したりすることがあります。血糖値がさらに上がったり、冷えて粘性が増すと結石となります。

よくいっぱい水分をとって出してくださいと言われることもありますが、陽のタイプにはつめたいモノを飲むことで改善できることもあるでしょう。しかし、陰タイプがつめたいモノを飲みすぎるともっと冷えが起きて悪化することもあり得ます。温かいモノを飲んでも体で停滞して冷えていったら一緒なので、この場合は、腹巻きなどで温めることを行ってください。

もっと必要なのは体質をきちんと診断し、改善すること。
陽タイプは舌が赤かったり、尿が黄色く濃かったり。陰はそうでないです。
そこを改善すると結石は、結晶なので血液循環で小さくすることも可能です。

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪

中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました