ネコのようにくらす-老子:第13章 人の評価が気になるって?

ネコのようにくらす-老子:第13章 人の評価が気になるって?

寵辱若驚 貴大患若身
何謂寵辱若驚 寵爲上 寵爲下
得之若驚 失之若驚 是謂寵辱若驚
何謂貴大患若身 吾所以有大患者 爲吾有身
及吾無身 吾有何患
故貴以身爲天下 若可托天下 愛以身為天下 若可寄天下

〈核心のだいたい訳〉
寵愛されると喜び、屈辱を受けると胸をふさがせる。
どうしてそんなことに一喜一憂するのだろう。
こんな大きな害としかならないものを大切にしているのはおかしい。
それは自分の欲望に執着しているからだ。
すると心配ことが減り、もっと自分の身を大切に出来ると言うこと。
強いて言うと自分の身を大切にしている者は欲望に執着がない者なので、天下を任せることが出来る人物である。

人の評価が気になるって?
いいね!言われんとなんで?って思うし。
悪口言われると嫌やねぇ。
でも、そんなことより健康の方が大切なんは知ってるよね。
ヘモグロビンの値とか、赤血球とかの評価。人から言われても気にならんのにね。大切なんはそっちやのに。大切なもん、間違えたらあかんよ。

人の視線より大切なのは健康。
だから寝る。

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪

中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました