手の乾燥、手荒れ、冬の風物詩を中国医学で改善

手の乾燥、手荒れ、冬の風物詩を中国医学で改善


フーフーです。
手の乾燥が気になってきました。
今年こそなんとかしたいです。


急に冷えてくると起きますね。
手荒れや乾燥問題。
対策で、ハンドクリームやマッサージも良いです。
もちろん手袋も。

原因というのは何でしょうか。

もちろん冷えですね。
この冷えがどこに入るかによって、対策がちょっと異なります。

1.手が冷たい空気や水にさらされた
一時的な冷えですと反発して赤く熱を持つこともあります。
しかし、手先から冷えてしまった場合、色も白く乾燥も出てきます。
→対策は、手袋が一番。そしてクリームで保湿することが大切です。
しかし、その前に冷えた手を暖めないといけません。マッサージオイルを使って、芯まで血流良くなるように、暖かくなるまでマッサージしてください。

2.肩こりがきつくなった。
ひえてくると肩こりのきつくなる方もいらっしゃいます。
この肩こりによって手先に血行不良が出ることもあります。
→対策は、首肩を暖めることや、肩回しなどの運動。経絡にそった腕のマッサージです。

3.浮腫がきつくなった。
つい寒いと温かい飲み物を飲むこと多くなります。
足が浮腫むのは、わかりやすいですが、同時に手も浮腫んできます。
その浮腫が血行不良を誘発させます。
→対策は、じっとしているとのんだ水分も手先足先に停滞しやすいです。
出来るだけ歩く、動く、意識してみてください。もちろんハンドマッサージも忘れずに。

4.胃と脾臓が弱った。
足に冷えが入ったり、飲みすぎ食べすぎなどで胃がやられることあります。
すると気血を作れずに末端に血行不良が生じることがあります。この場合、指先のひび割れや乾燥が出ます。
→対策は、消化の良い物を食べること。胃もたれをしていたら、食べないという選択肢も必要です。


簡単にタイプ別にわけてみました。
基本的に必要なことは、ハンドマッサージと保温、保湿。これと原因のケアしっかりしてください。

【中医学をお伝えしている理由、おすすめ動画はこちら】


【読者登録はこちらへ】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました