YouTube張仲景の言葉

YouTube張仲景の言葉

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンを中医学で解説

中国医学ではHSPに関して、同じような病症はないですが、原因として考えられることはあります。 それではまず、HSPの特徴を挙げてみます。 ①考えすぎる。ときに悪く思いすぎる。 ②過剰な刺激を受けやすい。物音、光、味、におい、触感、気候の変化、人の気等 ③共感しやすい ④人からの影響を受け、自分を見失ってしまいことがある ⑤心身共に疲れやすい。 ⑥自己否定が強い
YouTube張仲景の言葉

中医学ミニ講座 張仲景の言葉5 張仲景先生も伝える胃は大切なお話し

胃の経絡疾患について、語りました。 胃が停滞すると、胃経の下の方にも影響が出ます。 膝が痛いのも胃の経絡疾患です。 中医師 今中健二とは,,, 日本では珍しい中国医学の専門家。陰陽五行は中医学の基礎。これは万物に共通の概念。人間も企業もみな同じ。原因がわかれば、治療も簡単
YouTube張仲景の言葉

中医学ミニ講座 張仲景の言葉4 病は胃から

病気の原因は胃にあります。 そんな中国医学の常識をお話しします。 病は胃から。 家庭の胃学をお伝えしています。全ての健康の極意は胃にあるんです。お話を聞いてください。
YouTube張仲景の言葉

中医学ミニ講座 張仲景の言葉3 自然と人間の関係性

中医学ミニ講座 張仲景の言葉3 自然と人間の関係性 人は自然の一部。 当たり前のこと様に思いますが、実際に病気になったときなどに自然とリンクさせて答えることが出来る方は少ないです。 しかしとても重要なことのなので皆さんに張仲景先生がお伝えしてくれます
YouTube張仲景の言葉

張仲景の言葉 その2 陰陽五行学説

張仲景は、青年時代に同郷の張伯祖から医術を学んだ。後漢末期の混乱とそれに追い討ちをかける疫病で、200人いた親族のうち3分の2が10年間のうちに疫病によって死亡した。そのうち7割が「傷寒病」だったという。そのことに心を痛め、官を退いて医学の...
YouTube張仲景の言葉

張仲景の言葉

医聖張仲景のことば 張仲景  張 機(ちょう き、150年-219年)は、中国後漢末期の官僚・医師。張璣とも。字は仲景と言う。荊州南陽郡涅陽県。 張仲景として知られ、その功績から医聖と称えられている。
タイトルとURLをコピーしました