哲学

老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第64章 こつこつとあきらめない

何事もそうだが、物事が安定しているときの方が治しやすい。乱れてくる前に治めること。 全てのものに始まりがあり、現在に至る。これを道という。道と一体になっている聖人は何もしないし、物事に執着しないから失うこともない。 多くの人は仕事をするときにあと一歩で心配する。最後まで最初と同じ気持ちで慎重にしていると失敗しない。それを邪魔するのが欲。初心には欲はないのに。 だから聖人は欲を持たないことを自分の浴にし、得難い品を貴重ともしない。万物のあり方に任せ自分からあえて何もしない。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第63章 苦労ないように見えるか

トラブルが多いって? トラブルっていろいろあるけど、基本自分以外の何かが原因 それの対策もある。 怨みには徳を持って報いる。 あと大きい問題は小さい問題のうちに解決すること。 これが物事の道理。 聖人は問題が起きないのではなく 小さいうちに笑顔で解決する。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第57章 ネコのまわりは幸せよ

政治が間違っているって? いろいろ思うことあるよね。 不平等に感じるし。 自分たちの都合の良いようにしてて、 何にもしてくれてないように思う。 ほんとは逆でね。 世の中おかしいから、いろいろしなきゃいかん。 何もないなら、むしろすることがない。 あなたのまわりが、それだけ幸せなんよ。
タイトルとURLをコピーしました