ネコのようにくらす-老子:第63章 苦労ないように見えるか

ネコのようにくらす-老子:第63章 苦労ないように見えるか

為無為 事無事 味無味
大小多少 報怨以徳 図難於其易 為大於其細
天下難事 必作於易 天下大事 必作於細
是以聖人 終不爲大 故能成其大 
夫軽諾必寡信 多易必多難
是以聖人猶難之 故終無難矣


〈核心のだいたい訳〉

無為、無事、無味を根底におく。
小を大と考え、少を多と捉える。
怨みには徳で報いる。難事に於いては易しいうちによく図り、大事においては小さいうちに行う。
天下のどのような難事も、必ず易しいところから始まっている。天下の大事も、必ず小さいところから始まる。
ゆえに聖人は大きな事からではなく、小さいことから行っていてこそ、大きな事を成し遂げられる。

というか、そもそも、軽く許諾するから信用がなくなるし、簡単と思って多く行えばトラブルも増える。聖人であってもあえて難しいとして取り組むからこそ、トラブルは無くなるのである。


トラブルが多いって?
トラブルっていろいろあるけど、基本自分以外の何かが原因
それの対策もある。
怨みには徳を持って報いる。
あと大きい問題は小さい問題のうちに解決すること。
これが物事の道理。
聖人は問題が起きないのではなく
小さいうちに笑顔で解決する。


苦労ないように見えるか

【夏に向けた体質改善シリーズ1『マッサージ』動画、おすすめ動画はこちら】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました