ネコのようにくらす-老子:第80章 おうち最高

ネコのようにくらす-老子:第80章 おうち最高


小国寡民 
使有什伯之器而不用 使民重死而不遠徒
雖有舟輿 無所乗之 雖有甲兵 無所陳之
使民復結繩而用之 
甘其食 美其服 安其居 楽其俗 
鄰国相望 鶏犬之聲相聞 民至老死 不相往来

 

〈核心のだいたい訳〉

国は小さく、少数の国民の方が良い。
便利な道具があっても使わせないようにする。民には生死を重く感じさせる。
遠方に移ることがないようにする。
舟や車があっても乗ることが無く、甲冑武器があってもそれを使う場はない。
民が昔のように、縄を結い絵を文字とする。
食を美味いとし、服を美しいとし、住居で安んじ、暮らしを楽しめば、
隣国を向こうに見て、鶏や犬の鳴き声が聞こえてきても、民は老衰に至るまで、互いに他をうらやみ往来することはない。


田舎暮らしがいいって?
確かにな。遠くまで行かなくても事足りるし。
人も少ないからストレスも少ない。
そうか足るを知るやな。
身近なもので幸せいっぱい。
コンパクトライフいいね。

おうち最高

 

不妊症を中医学で考える フーフー君の養生訓 第96話


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました