ネコのようにくらす-老子:第58章 みんな好きにしたらええ

ネコのようにくらす-老子:第58章 みんな好きにしたらええ


其政悶悶 其民淳淳
其政察察 其民欠欠
禍兮福之所倚 福兮禍之所伏
孰知其極 其無正邪 正復為奇 善復為妖
人之迷 其日固久 
是以聖人 方而不割 廉而不傷 直而不肆 光而不燿


〈核心のだいたい訳〉

世の中は、災いある所に福が潜む。逆に福ある所に災いが隠れている。
そう考えると、そもそもどちらが良いとかは、誰にもわからない。そこには規準が無い。

聖人はこれをわきまえ、どれほど自分が正しくても判断しないし、裁きもしない。
正論を持っていても、誰も傷つけない。光っていても輝きを見せない。


世の中に言いたいことがあるって?
うんうん、わかる。
言いたいことあるよな。
世の中間違ってるやつばかりや。
おかしなことばっかりしてる。
でも本当に道を究めた聖人は、
そこを見ない。
自分が正しくても言わない。
従わせることもしない。
目の前の一本の木のように。


みんな好きにしたらええ

 

【心を鍛えるお話しの動画、おすすめ動画はこちら】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました