講座

ブログつれづれ養生訓

秋はフケの季節ー中国医学で解決しますー

中国医学に五行学説というのがあります。 秋は金、そして肺、皮、悲、燥 とかという形でグループ分けしているものです。 だから、秋は乾燥の季節。皮膚が乾燥してフケが出ます。と言うのは間違いです。 では正解は、 1.冷えによって皮膚が固く閉じるから 冷えによって皮膚が固くなります。凝滞収引というのですが、それによって皮膚表面に栄養出来なくなります。皮膚表面に栄養出来ないと皮脂がはがれ落ち、フケとなります。 2.足元が冷え、冷えのぼせが起きたから。 冷えは足元から入りやすいです。すると冷えのぼせが発生することがあります。 のぼせが頭部にあがると、熱のために乾燥が起きることがあります。 顔が赤く、乾燥する場合もあります。 それが頭皮に起きるとフケになることもあります。
ブログつれづれ養生訓

秋~冬の中国医学オープン講座ご案内

10、11月で決定している講座などをご案内いたします。 中医師 今中健二 これは!大切!!不眠症講座 10月13日10時~12時 大阪谷六+オンライン 受講費3000円 https://peraichi.com/landing_pages/view/fumin1013
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第33章 全てが見えておる、よって今のごはんを残す

走っておらんと不安なんやって? 休むことが怖い奴おる。 そう言う奴って自分に厳しいだけじゃなく、他人にも厳しくなる。 なぜか? 自分が見えとらんからよ。 よちよち歩きの自分を思い出してみ。 今の自分はどうや。昔より、成長した自分が見えるやろ。 自分をしっかり理解すると強い志を持つことが出来る。 志、持ちたいやろ。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第32章 3歩進んで2歩下がる

新しいことを始めるって? 何でもチャレンジすることは悪くない。 思ったまんましたらええ。 一言贈るとすると止まること知ってたら失敗せんよと言うこと 川みたいなもんよ。 途中で池があると落ち着けるしな。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第30章 食べすぎたら、もどしてしまうで

チャンスが来たから一気に行きたいって? よかったな。時が来たなら一緒に掴めばいい。 あくまでも自然の流れに合わせてやな。 いいチャンスの時の注意することは、やり過ぎんこと。 必要な分だけ手にしたら、あとは笑顔でニコニコしとき。 やり過ぎたら早く衰えるで。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第29章 果報は寝て待つ

チャンスの神様を捕まえたいって? そんな時は色々工作したり、作戦使ってもあかん。 物事は全て道理があってなるようになっとる。 自然に合わせてよく見とくこと。 無理につかもうとすると色々壊して全て失うわ。 大切なのは、よく見て待つことよ。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第28章 わしは何でもお見通し

なんか引け目を感じてるって? 失敗せん人や黒い闇もない人で素晴らしい人おらんよ。 輝いてる人でも、あかん時代も すごい恥ずかしい失敗もしてきてるから素晴らしいんよ。 さらにな、失敗してから這い上がって来た人。 これはすごい。 お手本にするならこんな人やな。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第27章 寝てる姿からも学びを得るのじゃ

まだ失敗したことを後悔してるって? 知ってるか世の中には出来のいいもんと悪いもん。 賢いのとアホなんがおる。 出来のええもんは元々できたんちゃう。 出来の悪いの見て勉強したんや。 アホを見て、やめとこって思うから賢く見えるんや。 失敗があるから大きな成功があるねんで。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第26章犬とちゃう。わしのニャーは重たいで

みんなわかってくれんって? 重いもんは軽いもんの支えとなる。 静かなもんは騒がしいもんのリーダーになるんや。 騒いで、わめいてしてたら根本から失うで。 言うこと聞いて欲しかったら、黙って安らかにしててみ。 ほら、会議でもあるやん。 最後になんか一言ありませんか?ってやつ。 一言だけでみんな聞いてくれるで。
老子道徳経

ネコのようにくらす-老子:第20章 人の毛並みか、あんま興味ないなぁ

欲を捨ててみようとしたがあかんって? きらびやかな生活もやめて質素にしたんか。 ええもん食べるんやめて、粗食にしたんか。 そしたら他の人にはゆとりがあるように見えるのに、自分だけが何もかも失ったようにみられてないかなって。 大丈夫やで、どっこも痛いとこなく。 胃もたれせん楽なもん食べてるんやろ。 それ以上の幸せないがな。
タイトルとURLをコピーしました