ネコのようにくらす-老子:第51章 見返り求めても無駄やで

ネコのようにくらす-老子:第51章 見返り求めても無駄やで


道生之 徳畜之 物形之 器成之
是以万物 莫不尊道而貴徳
道之尊 徳之貴 夫莫之命 而常自然
故道生之 徳畜之
長之育之 亭之毒之 養之覆之
生而不有 為而不恃 長而不宰
是謂玄徳


〈核心のだいたい訳〉

道が万物生み、徳がそれを養い、物が形を作り、自然の勢いが完成させる。だから万物は、道を尊び徳を貴ばないものはない。道を尊び、徳を貴ぶのは、だれかの命を受けたのではなく、常に自然なのである。
そして、それらを自分のものをすることもなく、長になっても偉ぶることもなく支配もしない。これを玄徳という。


見返りがないって?
見返り?いるか?そんな小さいもの。
自然は全てを生み出し育んできた。
お前の赤ん坊の時の両親の写真を見てみ。
見返りなんか求めてない顔してる。
だれかに学ぶのではない。
それが自然。
玄徳と言うんよ。


見返り求めても無駄やで

【胃にいい食べ物の動画、おすすめ動画はこちら】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました