ネコのようにくらす-老子:第35章 難しいことは考えへん

ネコのようにくらす-老子:第35章 難しいことは考えへん


執大象 天下往
往而不害 安平大
楽与餌 過客止
道之出言 淡乎其無味
視之不足見 聞之不足聞 用之不可既


〈核心のだいたい訳〉

道に従いそれに従うと全てがうまくいく。なにごとも広く平穏で安定する。

娯楽やご馳走をみせると、旅人でさえ足をとめるが、道を言葉で表しても、淡白すぎて面白みがない。見ようとしても見えず、聞こうとしても聞けない。しかし、道の働きは大きくつきるものではない。


なんか上手くいかんって?
自然に任せるんや。
こんなときは、考えることを全てやめるんよ。
なにを食べたい。何をしたい。何をしなきゃいかん。
こんなことを考えるのを全てやめるんよ。
目の前にあるものを食べ、なんか思いついたもんをする。
のんびりしたいならのんびりする。
これを道を守るという。
そしたらな、何でも平穏無事におさまるで。


難しいことは考えへん

【おすすめ動画はこちら】

【読者登録はこちらへ】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました