秋はフケの季節ー中国医学で解決しますー

秋はフケの季節


フーフーです。
秋になるとフケが出ます。
どうしたもんでしょう。

中国医学に五行学説というのがあります。
秋は金、そして肺、皮、悲、燥 とかという形でグループ分けしているものです。

だから、秋は乾燥の季節。皮膚が乾燥してフケが出ます。と言うのは間違いです。

では正解は、

1.冷えによって皮膚が固く閉じるから
冷えによって皮膚が固くなります。凝滞収引というのですが、それによって皮膚表面に栄養出来なくなります。皮膚表面に栄養出来ないと皮脂がはがれ落ち、フケとなります。

2.足元が冷え、冷えのぼせが起きたから。
冷えは足元から入りやすいです。すると冷えのぼせが発生することがあります。
のぼせが頭部にあがると、熱のために乾燥が起きることがあります。
顔が赤く、乾燥する場合もあります。
それが頭皮に起きるとフケになることもあります。

3.その他
あとは、冷えから血行不良で栄養出来ないときもありますね。

基本はこのパターンです。
対策としては、頭皮マッサージですね。
しかも、皮の下を柔らかくするようにまわすようなマッサージです。
頭皮をとにかく動かしてください。

お風呂に入っているときにするのが一番良いですね。

【中医学って何?、おすすめ動画はこちら】

【読者登録はこちらへ】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました