ネコのようにくらす-老子:14章 わかるで、色々気になるんやろ

ネコのようにくらす-老子:14章 わかるで、色々気になるんやろ

視之不見 名曰夷 
聴之不聞 名曰希 
搏之不得 名曰微
此三者不可致詰 故混而爲一
其上不皦 其下不昧 
繩繩不可名 復歸於無物 
是謂無状之状無物之象
是謂惚恍 迎之不見其首 随之不見其後
執古之道 以御今之有 能知古始 
是謂道紀

〈核心のだいたい訳〉
道って言うのは、見ようとしても見えない、聞こうとしても聞こえない、探してもとらえられないこれらの合わさったもの。形無き形で、おぼろげなものと呼ぶ。
古来の道を行い、それをもって現在の物事を仕切れば、おおもとの始まりを知ることができよう。これを道紀という。道紀を知ると前に進める。

小さいことがえらい気になるんやって?
そういう時には、こうしたらいいねん。
昔からの道をしっかり守って、今のことを取り仕切る。
法律とかルールちゃうで。もっともっと昔の道や。
お腹が空いたら食べて、疲れたら寝る。
しっかり守るんやで。お天道さんちゃんと見てるからな。

わかるで、色々気になるんやろ。
明日考え。

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪

中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました