ネコのようにくらす-老子:第26章犬とちゃう。わしのニャーは重たいで

ネコのようにくらす-老子:第26章犬とちゃう。わしのニャーは重たいで


重為軽根 静為躁君
是以君子 終日行 不離輜重
雖有栄観 燕処超然
奈可万乗之主 而以身軽天下
軽則失本 躁則失君

〈核心のだいたい訳〉

重きは軽きの根幹となり、静けさは騒がしさを生み出す。
これをわきまえた君子は、いかなる時も安らいで心を動かさない。
大国の主たるもの、己の心と体を天下より軽く扱ってよいものだろうか。
軽ければ根本を失い、騒がしければ王の立場は失われる。

みんなわかってくれんって?
重いもんは軽いもんの支えとなる。
静かなもんは騒がしいもんのリーダーになるんや。
騒いで、わめいてしてたら根本から失うで。
言うこと聞いて欲しかったら、黙って安らかにしててみ。
ほら、会議でもあるやん。
最後になんか一言ありませんか?ってやつ。
一言だけでみんな聞いてくれるで。

犬とちゃう。わしのニャーは重たいで。

【読者登録はこちらへ】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました