巻き爪を中国医学で考える

巻き爪を中国医学で考える

フーフーです。
巻き爪が痛いんですが、なぜ起きるんですか

一番多い原因は、浮腫による血行不良です。
しかし血行不良で、爪に対して栄養が届かないようだと、巻き爪にならないんです。

では、この謎を解説します。


巻き爪には2つの要因があります。
・足の末端の浮腫
・血が濃いこと

末端の浮腫に関しては、全体的に浮腫んでいると血行不良で爪も薄く弱くなります。
巻き爪にはならないんです。
ですから末端が浮腫んでいること。

そして、血が濃いいことですが、貧血だと流れにくい部位には栄養が届きにくくなってしまいます。
巻き爪になるには、流れにくいながらも、中央を中心に部分的には流れないといけません。
コレステロールが高いか、血糖値が高いか何かあります。

この2つの要素を中心として発生します。

血液サラサラとむくみケア気をつけてください。

【夏に向けた体質改善シリーズ1『マッサージ』動画、おすすめ動画はこちら】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました