中国医学にも影響を与えた、道教の老子とはどんな方。

中国医学にも影響を与えた、道教の老子とはどんな方。

フーフーです。老子ってどんなことを伝えた方なんですか
道教ですよね。一体どんな内容なんでしょう。

まず老子についてお話ししますね。
春秋時代の思想家。易経と並ぶ中国の思想にもっとも影響を与えた書とされる。

史記によると、老子と孔子は同世代の人物とされている。
孔子はもちろん儒家の始祖とされ論語を記した人物。
その孔子が、老子をこう表現した。
「私は鳥の飛び方を知っている。魚の泳ぎ方もしかり。獣の走り方を知っている。だから、速く走るこの獣は罠で捕まえ、泳ぐ魚は釣ることが出来るようになる。しかし、老子。あれは無理だ。老子は獣でも魚でも、鳥でもない。あれは龍だ。飛び方も知らないし。だから捕まえることが出来ない。この様な人物である」と言わしめています。

道教は道、すなわち「みち」を表す。
この道とは、首と辶で出来ており、首は頭、辶は尻尾を表します。すなわち頭から尻尾まで、一本の繋がった道理を表す。自然を解説した易経に対し、自然のままで暮らすことを説いた道教。これらが中国の思想の土台となっている。

さらにもう一つ。老子は徳も説いている。道が物事の流れや変化に関する規律のようなものとすると、徳は人の行為が全て自然体で行われるように導き、決して無理をさせないもの。これを合わせて説いている。

老子は一生を道徳の研究に捧げ、身を隠して名声を求めなかったとされている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました