ぎっくり腰って中医学で治る?

ぎっくり腰って中医学で治る?

フーフーです。
やっちゃったようです。
ぎぐって!
今朝、顔を洗おうと思ったら、急に痛くなって動けなくなりました。こんな時、どうすればいいの?冷やすの?じっとしてるしかないの?

 

 

 

ぎっくり腰ですね。
すぐに治療した方が良いですね。急性の病気は、早期治療が一番大切です。

ぎっくり腰は急性腰肌損傷と言います。
外科の病変です。腰椎には常に負担がかかっています。
ぎっくり腰の症状は、筋と筋肉の損傷です。
急な荷重や事故でおこります。冷たい風が腰や身体に入ってもなります。

その症状は、
動かすことができない。
腰を圧すと痛い。
寝たら筋肉が軟らかくなるが、さわると硬くなる。
若い人はもっと痛みを感じる。
固定の痛みの場所がある。(損傷の場所)
局部の筋固くなる。大殿筋、腸骨筋が固い。
背骨の曲度が変化する。

などがあります。

治療の方法は舒筋活血、活血止痛

筋や骨を温かく柔らかくして、血の流れを活発にさせます。そして、痛みを止めます。治療すれば、すぐに治ります。血の流れを活発にさせないといけませんので、冷やしてはダメです。特に冷えが入っておこったぎっくり腰は、冷やすことは絶対禁止です。時にぎっくり腰は異常な炎症だから触ってはいけませんと言う方もいらっしゃいます。間違いです。早期治療がカギです。
ツボでは腎兪、上髎、下髎、腰陽関、命門、大杼~白環兪、委中、陽陵泉、承山を温、通、和法で治療します。転扳と揉法が大切ですね。
治療期間中は、お風呂で長時間、芯から温める。そして、3~4日は軽い運動をして下さい。お大事に。

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康を♪ぎっくり腰も恐くない

中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました