中国医学で考える。ヨガだ、気功だ、ストレッチだ。私に合った運動はどれ?

ヨガだ、気功だ、ストレッチだ。私に合った運動はどれ?

フーフーです。
運動不足を解消しようと思います。
ヨガとか気功とか、マラソンは論外としてもストレッチもスポーツジムもある。どれが良いんだろう。

体を動かすというのは食べて作った元気と血を流すのに最適ですね。
それぞれの運動療法に特徴があるので、紹介していきますね。
それぞれの先生によって特別の技があると思いますが、平均的な特徴を紹介していきますね。気血の流れの解消、浮腫の問題、いろいろあります。

○ヨガ


体に自然に溜まってくる水分(浮腫)を動かすことで、心身を整えることが得意。
さらに先生によっては、呼吸法で気を流すことも可能に。

 

・より有効的に行うには
体の基礎代謝を上げて、浮腫を柔らかくしてから行うとより効果的。浮腫を固くしないために糖質制限しながらを同時に採用するとなお効果が上がると思います。

 

○気功

文字通り気を操ることが得意。全身に気を流したりすることも出来ます。特に足や手の先端に気を流し血流を良くすることは、他の運動よりも強みになります。他の運動と合わせて行うことも可能。また流すだけでなく気を蓄えることも吐き出すこともできます。

 

・より有効的に行うには
練習が必要です。根気よく継続すること。上手な方との交流があるとなお良いです。感覚などわかりにくいことはどんどん聞いていくこと。

 

○ストレッチ
主として大きな血管。中国医学で言うなら経脈を流すことが得意。糖尿病等の血流を良くしたい方や、運動後の乳酸の溜まった体のアフターケアに効果を発揮します。

 

・より効果的に行うには
併用してマッサージや入浴を取り入れると、さらに効果が増します。

 

○有酸素運動
呼吸や発汗によるデトックス効果も期待できます。呼吸で吐き出すか、汗で吐き出すかでデトックスしたい部位の指定も可能になります。また運動自体に時間をかけることが多いため負荷をかけず、スムーズに関節を運動することが出来るのも特徴。

 

・より効果的に行うには
デトックスしたい目的の部位を理解してから行うと、効果が増します。

 

○ウエイトトレーニング系

負荷をかけ、筋肉量を増やしたり基礎代謝を高めることが可能。筋肉に血を集めることが出来るので貧血の改善にも効果的。

 

・より効果的に行うには
血を増やすウエイトトレーニングとデトックスの有酸素運動を同時に行うのではなく。留める日、流す日を決めて行うと健康には良い。

効果を出すには、自分の体に何が必要かを考えること。血行をよくすることはあちこちの痛みの改善にも繋がります。でも!
がむしゃらに頑張っても、効果薄いときもあります。あと、季節のエネルギーも取り入れるとなお良いと思います。
これらを意識して、その専門の先生のやり方をうかがってください。いろいろ合わされてもっと効果を出されている先生も多いですよ。

経絡を使った運動アレンジもあります。それはまた後の機会で。

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪

中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました