ネコのようにくらす-老子:第27章 寝てる姿からも学びを得るのじゃ

ネコのようにくらす-老子:第27章 寝てる姿からも学びを得るのじゃ


善行無轍迹 善言無瑕謫
善數不籌策 善閉無関鍵 而不可開
善結無繩約 而不可解
是以聖人 常善救人 故無棄人
常善救物 故無棄物 
是謂襲明
故善人者 不善人之師 不善人者 善人之資
不貴其師 不愛其資 雖智大迷 
是謂要妙

〈核心のだいたい訳〉

道をわきまえた聖人は、常に人も物を活躍させ、どのような者も力を発揮させる。どのような物も見捨てることは無い。
これを明智に従うという。

全ての善い者は、善くない者の師となり、善くない者は、善い者の反省のたすけとなる。
しかし、その学びを大切にせず、その機会を大切にしないのでは、智を有したとしても大いに迷うこととなる。
これを要妙、すなわち妙なる真理という。

まだ失敗したことを後悔してるって?
知ってるか世の中には出来のいいもんと悪いもん。
賢いのとアホなんがおる。
出来のええもんは元々できたんちゃう。
出来の悪いの見て勉強したんや。
アホを見て、やめとこって思うから賢く見えるんや。
失敗があるから大きな成功があるねんで。


寝てる姿からも学びを得るのじゃ

【読者登録はこちらへ】


 

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました