ネコのようにくらす-老子:16章いろんなことは、寝たら忘れれる

ネコのようにくらす-老子:16章いろんなことは、寝たら忘れれる


致虚極 守靜篤
万物並作 吾以観復
夫物芸芸 各復帰其根 
帰根曰靜 是謂復命
復命曰常 知常曰明 
不知常 妄作凶
知常容 容乃公 公乃王 王及天
天及道 道及久 没身不殆

心を空にし、静けさをよく守る。そうすると万物はすべて成長していくが、私はそれらがまたもとに戻る様子が見える。これを天命を帰したと言う。
これをわきまえていればいかなることも包容できる。
こうなれば生涯を通じて危機に陥ることは無いであろう。

〈核心のだいたい訳〉
不安をなくすにはどうしたら良いかって?
ここに一つの種がある。
植えたら芽が出て、成長してやがて花が咲く。
でもその花もいずれ散る。
これがわかってたら心配ない。
嫌なこともいずれ解決する。
そのうち花も咲くし。

いろんなことは、寝たら忘れれる

【スポンサーサイト】



中医学を学んで、健康と美容を♪
中国医学を学ぶならこちらへ→中国医学協会 中国医学講座

中医師今中の動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました